ベトナム実施事業

活動1~5

1.  各省のインクルーシブ教育キーティチャー育成研修

2. 各小学校のインクルーシブ教育校内指導教師研修

3. 各地区のインクルーシブ教育地区内研修

4. 各小学校のインクルーシブ教育校内研修

5. インクルーシブ教育のマニュアルの作成・発行

活動1 ビントゥアン省のキーティチャーに対するインクルーシブ教育研修 

 当会が結成したホーチミン市障害児教育専門家チーム(日本人専門家含む)が、ビントゥアン省の30名のキーティチャー(初等教育20名、幼児教育10名)に対して、年1回(1回2週間)、3年間で計3回、インクルーシブ教育研修を実施する。それにより、ビントゥアン省の各地区(全10地区)に、それぞれ3名のインクルーシブ教育を専門としたキーティチャーを育成する。

活動1 アンザン省のキーティチャーに対するインクルーシブ教育研修 

 当会が結成したホーチミン市障害児教育専門家チーム(日本人専門家含む)が、アンザン省の30名のキーティチャー(初等教育20名、幼児教育10名)に対して、年1回(1回2週間)、3年間で計3回、インクルーシブ教育研修を実施する。それにより、アンザン省の各地区(全11地区)に、それぞれ3名のインクルーシブ教育を専門としたキーティチャーを育成する。

2017年7月3日から7月14日まで実施された2省のキーティチャー育成研修

 7月5日(水)午前 ベトナム ビントゥアン省 ファンティット市で 「みんなの学校」上映 
午後  大空小学校前校長 木村泰子氏講演会
    通訳 グエン・ティ・ハン・トゥック 

 


7月6日(木)午前:パネルディスカッション
パネリスト:木村泰子先生、塚根洋子先生、ドンナイ省キーティチャー2名、ラムドン省キーティチャー2名 通訳者:グエン・ティ・ハン・トゥック フエン・キム・ニュン     

ビントゥアン省30名、アンザン省30名のキーティチャーの感想

o 学校の職員、教師が協力して、常に障害ある児童の支援をしている。
o 木村校長や教師や両親がとても親しい関係を築いている。
o 児童が学校を休むと、担任の教師が休んだ児童の家を訪問している。
o 木村校長は、すべての児童の学習状況をよく理解している。
o すべての教師が他のクラスの児童のこともよく理解している。
o 教師が生徒の事で問題があると、木村校長はクラスや校長室でその問題を解決する。
o 木村校長は、とても暖かく教師を支援している。
o 修学旅行は、障害ある児童にとってとても貴重である。
o 来年も木村校長から学びたい

7月4日(火) ワールドカフェ
タイトル:よりよいインクルーシブ教育をするために何をしますか?
ビントゥアン省30名、アンザン省30名、合計60名のワールドカフェ