ベトナム実施事業

活動1~5

1.  各省のインクルーシブ教育キーティチャー育成研修

2. 各小学校のインクルーシブ教育校内指導教師研修

3. 各地区のインクルーシブ教育地区内研修

4. 各小学校のインクルーシブ教育校内研修

5. インクルーシブ教育のマニュアルの作成・発行

活動1 ビントゥアン省のキーティチャーに対するインクルーシブ教育研修 

 当会が結成したホーチミン市障害児教育専門家チーム(日本人専門家含む)が、ビントゥアン省の30名のキーティチャー(初等教育20名、幼児教育10名)に対して、年1回(1回2週間)、3年間で計3回、インクルーシブ教育研修を実施する。それにより、ビントゥアン省の各地区(全10地区)に、それぞれ3名のインクルーシブ教育を専門としたキーティチャーを育成する。

活動1 アンザン省のキーティチャーに対するインクルーシブ教育研修 

 当会が結成したホーチミン市障害児教育専門家チーム(日本人専門家含む)が、アンザン省の30名のキーティチャー(初等教育20名、幼児教育10名)に対して、年1回(1回2週間)、3年間で計3回、インクルーシブ教育研修を実施する。それにより、アンザン省の各地区(全11地区)に、それぞれ3名のインクルーシブ教育を専門としたキーティチャーを育成する。

2019年7月1日から7月12日まで実施された2省のキーティチャー育成研修

 7月3日(水)5日(金) ベトナム ビントゥアン省ファンテット市 
              キーティチャーによる模擬授業




7月9日(火)10日(水)Vo Thi Hoang Yen (2019年アジアノーベル賞受賞、障害ある人の発達支援センター所長)

 


7月11日(木)12日(金) パネルディスカッション
パネリスト:木村泰子先生、塚根洋子先生、ビントゥアン省キーティチャー3名、アンザン省キーティチャー3名 
通訳者:Vu Thi Hong Minh     


アンザン省キーティチャー修了式 木村先生、塚根先生



ビントゥアン省キーティチャー修了式 木村先生、塚根先生


ビントゥアン省30名、アンザン省30名のキーティチャーの感想

<2週間研修全般>
o 研修後、自身の地区や学校でやるべき事がわかった。
o 木村先生の研修後、校長がどのように先生方や、障害ある児童の両親と関わるのがいいのかわかった。
o 木村先生の研修後、先生方をもっと自由にしたほうがいいと理解した。
o 馬場のPCMや、Yenさんのワークショップでは、参加者とたくさんの意見交換ができて、自身が省に帰ってからの方向性も理解した。
o ADHDや自閉症の行動問題の児童に対して、どのように対応したらいいのか、よく理解した。
o 障害ある児童に対しての個別授業の準備方法を理解した。