ベトナム事業背景

障害ある児童の小学校の就学率は全体で25%程度  16万人の障害ある児童が小学校に行けない 

 現在ベトナムの障害ある児童の小学校の就学率は全体で25%程度とみなされる。
ベトナムの障害ある6歳から10歳の児童およそ21万人 のうち、52,244人 が初等教育を受けているという現状である。ベトナムにおいて特別学校は各省に1校しかなく、田舎に住む障害ある児童が町の特別学校に通うというのは不可能に近い。

 インクルーシブ教育は、ベトナムの政府の方針、特別学校の数が少ない現状、世界的な障害ある児童に対する教育の潮流から、非常にニーズの高い事業である。当事業は、公立小学校の教師の教師にインクルーシブ教育研修を実施し、教師が障害ある児童を受け入れ、より多くの児童が初等教育を受けられることを目的としている。

 ベトナム政府は、各省の教育局にインクルーシブ教育推進を奨励しているが、各省の教育局、地区の教育室、各小学校の現場では、インクルーシブ教育を進める中で多くの問題を抱えている。

       キンザン省 チャビン省

キンザン省
キンザン省はベトナムの最南端に位置し、カンボジアと接した位置にあり、多くのクメール人が居住している省である。ベトナムのメコンデルタ最南端の省であり、主な産業は農業と漁業で、ベトナムの貧困地域の1つとみなされている省でもある。

チャビン省
チャビン省はベトナムのメコンデルタに位置し、主な産業は農業と漁業で、観光業も発展しておらず、ベトナムの貧困地域の1つとみなされている省でもある。また、多くのクメール人が居住している省である。

ビントゥアン省の障害ある児童の就学状況

ビントゥアン省には、127のコミューンがあり、17のコミューンが高地に、62のコミューンが山岳地帯に、3のコミューンが島にある。
また、26の少数民族がいて人口全体の6.9%になる。

2017 - 2018
学齢期における障害ある児童の数:763人(診断書ある児童&診断書ない児童)
特別学校に通う児童の数:4人
近隣の小学校に通う児童の数:632人(診断書ある児童&診断書ない児童)
事業実施1年目:83%の障害ある児童が初等教育を受けている

2018 - 2019
学齢期における障害ある児童の数:852人(診断書ある児童&診断書ない児童)
特別学校に通う児童の数:3人
近隣の小学校に通う児童の数:724人(診断書ある児童&診断書ない児童)
事業実施2年目:85%の障害ある児童が初等教育を受けている

2019 - 2020
学齢期における障害ある児童の数:680人(診断書ある児童)
特別学校に通う児童の数:0人
近隣の小学校に通う児童の数:649人(診断書ある児童)
事業実施3年目:95%の障害ある児童が初等教育を受けている

2017年~2020年 ビントゥアン省インクルーシブ教育研修システムの構築事業を実施した。(日本NGO連携無償資金協力)


アンザン省の障害ある児童の就学状況

 アンザン省は、カンボジアと接した位置にあり、多くのクメール人が居住している省である。主だった産業もなく、カントーのような観光地でもないので、ベトナムの貧困地域の1つとみなされている省でもある。

2017 - 2018
学齢期における障害ある児童の数:792人(診断書ある児童&診断書ない児童)
特別学校に通う児童の数:174人
近隣の小学校に通う児童の数:434人(診断書ある児童&診断書ない児童)
事業実施1年目:78%の障害ある児童が初等教育を受けている

2018 - 2019
学齢期における障害ある児童の数:663人(診断書ある児童)
特別学校に通う児童の数:150人
近隣の小学校に通う児童の数:357人(診断書ある児童)
事業実施2年目:76%の障害ある児童が初等教育を受けている

2019 - 2020
学齢期における障害ある児童の数:626人(診断書ある児童)
特別学校に通う児童の数:144人
近隣の小学校に通う児童の数:399人(診断書ある児童)
事業実施3年目:87%の障害ある児童が初等教育を受けている

2017年~2020年 アンザン省インクルーシブ教育研修システムの構築事業を実施した。(日本NGO連携無償資金協力)
 


ラムドン省の障害ある児童の就学状況

 ラムドン省はベトナムの山間部に位置し、事業の研修実施場所であるドンナイ省に隣接する省である。

2014 - 2015
特別学校に通う児童の数:206人
近隣の小学校に通う児童の数:419人

2015 - 2016
特別学校に通う児童の数:211人
近隣の小学校に通う児童の数:490人

2016 - 2017
特別学校に通う児童の数:210人
近隣の小学校に通う児童の数:569人


 当会では、2008年ラムドン省のキーティチャー30名に対してインクルーシブ教育研修を実施した。 (日本NGO連携無償資金協力)
 2014年~2017年 ラムドン省インクルーシブ教育研修システムの構築事業を実施した。
(日本NGO連携無償資金協力)


ドンナイ省の障害ある児童の就学状況

 ドンナイ省は南東部、ホーチミン市に隣接している省である。

2013 - 2014
学齢期における障害ある児童の数:1,351人
特別学校に通う児童の数:127人
近隣の小学校に通う児童の数:1,019人
事業実施前:75%の障害ある児童が初等教育を受けている

2014 - 2015
学齢期における障害ある児童の数:2,386人
特別学校に通う児童の数:148人
近隣の小学校に通う児童の数:1,195人
事業実施1年目:50%の障害ある児童が初等教育を受けている

2015 - 2016
学齢期における障害ある児童の数:1,896人
特別学校に通う児童の数:154人
近隣の小学校に通う児童の数:1,118人
事業実施2年目:59%の障害ある児童が初等教育を受けている

2016 - 2017
学齢期における障害ある児童の数:1,776人
特別学校に通う児童の数:164人
近隣の小学校に通う児童の数:1,412人
事業実施3年目:80%の障害ある児童が初等教育を受けている


 当会では、2008年ドンナイ省のキーティチャー30名に対してインクルーシブ教育研修を実施した。
(日本NGO連携無償資金協力)
 2011年~2013年 ドンナイ省インクルーシブ教育研修システムの構築事業を実施した。
(JICA草の根技術支援協力)
 2014年~2017年 ドンナイ省インクルーシブ教育研修システムの構築事業を実施した。
(日本NGO連携無償資金協力)